洗い流さないトリートメント、どのような付け方をしているでしょうか。
洗い流さないトリートメントは、美しい髪を作ってくれるので人気があります。
しかし間違った付け方をすると、最大限の効果を得ることはできないので注意をしましょう。

洗い流さないトリートメントは、髪の根元から付けてしまう人が多いです。
しかしこれはNGの付け方。
髪の傷みが激しいのは、先に生えてきている毛先の方です。
毛先を中心になじませていきましょう。

そして洗い流さないトリートメントは、頭皮につけないようにするのが付け方のポイントです。
脂分がある頭皮につけてしまうと、べたべたしてしまいます。
また頭皮に吹き出物ができたり、かゆみがでることも。
洗い流すトリートメントも頭皮にはつけない方が良いのですが、よく洗い流せば肌トラブルを回避することができます。
ところが洗い流さないトリートメントは長時間頭皮についていることになりますから、炎症が起こりやすいのです。
付け方には十分気を付けてくださいね。